『ターリー屋』フランチャイズ募集

〜景気に関係なく着実に成長しているオンリーワンのインド定食店〜

首都圏を中心に14店舗を展開しているインド定食「ターリー屋」。

この不況下においても、昨年対比売上を順調に伸ばし続けている秘密は?

本当に美味しいワンプレートスタイルのインド定食の「味」だけではなく、昨今では「宅配ノウハウ」も蓄積し、更なる売上の上乗せを実現!

「ターリー屋」フランチャイズパッケージの詳しい資料はこちらから↓

 

インド定食『ターリー屋』フランチャイズとは?

「ターリー屋」は、カレーやナン、タンドリなどを定食スタイルで提供する、これまでありそうでなかった「インド定食の専門店」です。

ターリーとは本来「大皿」という意味で、カレーなどを入れる、アルミ、ステンレス、銀製の小さなボウル状の容器のことです。
転じて、ライスとナンやチャパティーと何種類かのおかずが一緒に出される料理、いわば定食のことを指します。
主にインド北部では高級レストランから駅の食堂まで、この形でだされることが多く、非常に一般的なインド料理です。

我々「ターリー屋」は本場インドの本格的なターリー料理を提供する「インド定食」の専門店です。


★本格的なインド料理がリーズナブルに楽しめるお店です★

■2000万円以下の初期投資でフランチャイズ開業が可能!
徹底的に効率化された店舗レイアウトと什器・設備により、初期投資を圧縮しています

■差別化されたメニュー構成
インド料理=カレーではありません。「ターリー屋」は、これまでありそうでなかった「インド定食」の専門店です。バリエーションに富んだカレーと焼きたての大きなナンが人気を集めています。新しい外食レストランビジネスをお探しの方に最適な業態です

■自社コック不要のフランチャイズ店舗
ナンを焼くことを中心に、調理に不安を感じる方々もいらっしゃるかも知れません。我々「ターリー屋」フランチャイズは、本部からネパール人コックを派遣します。これにより、採用、労務管理などのわずらわしい手続きをなくすことができ、フランチャイズ店舗においては、販売促進や接客などの経営業務中心に営業をすることができます

 

インド定食『ターリー屋』 フランチャイズについて

  • フランチャイズ加盟条件 (税抜き)
募集属性 法人 個人

フランチャイズ加盟金

300万円

加盟保証金

150万円

開店指導費

50万円
ロイヤルティ 3.5%
契約期間 5年
必要開業資金(20坪:概算) 1,650万円(物件取得費を除く)

  • フランチャイズ収支モデル 【路面店立地 20坪】 (税抜き)
売上

500万円

原価 140万円
人件費 135万円
賃借料 50万円

ロイヤリティ

17.5万円
水道光熱費 15万円
宣伝・販促費 3万円
その他経費 26万円
減価償却費 13万円
営業利益 100.5万円

※フランチャイズ収支モデル・開業必要資金等はあくまでモデルケースであり、様々な確定要素や立地条件により、実際とは異なる場合があります。

  • フランチャイズ開業までの流れ

※事業説明会の日程はこちらをご確認ください。

まずは、資料で詳細を見てみたいという方はこちら↓

Copyright 2015 PowefulBrains Co.,Ltd.