『串カツ田中』フランチャイズ募集

『串カツ田中』は流行り廃りではない!

成熟しきった居酒屋マーケットの“空白地帯”を埋める、次世代の大衆居酒屋!


たこ焼き、お好み焼き、串カツは大阪伝統の味。

流行り廃りの激しい飲食業界。その中で、昔から愛されてきた定番は消えることがありません。
ただ何も工夫せずに、旧態依然のままでは、若い人や女性には入りにくく、やがては廃れていくことでしょう。

一方で、“チェーン居酒屋にはもう飽きた”という人達がたくさんいます。
ここに、成熟化した居酒屋業界の「空白マーケット」があります。

大阪伝統の「串カツ専門店」という分かりやすさと「老舗感」、若者や女性同士、一人でも入りやすい「間口の広さ」、、、
この両者を兼ね備えた『串カツ田中』は、今、消えつつある、だからこそ求められている次世代の大衆居酒屋なのです。

「串カツ田中」フランチャイズパッケージの詳しい資料はこちらから↓

 

大阪伝統の味『串カツ田中』フランチャイズの強み!

現在都内を中心に拡大展開している「串カツ田中」。
そのフランチャイズの強さの一部をご紹介します!



1.商品力
大阪の下町で昔から愛されてきた串カツは、各お店が秘伝の味を守ってきたもの。
「田中」の味は、さっぱりして食べ飽きない味。さっぱりしているので、飽きずに何本でも食べられます。
衣と油とソースのバランスが串カツの命。 「串カツ田中」では、衣・油・ソースすべてがオリジナルブレンド。 これも、奇をてらわず、飽きのこない味つけで「なんとなく、また食べたくなる」味になっています。

2.立地
競合が多い都市部ではなく住宅の多い場所で事業が成り立ちます。
よって、物件取得も容易であり、また固定費(家賃)を抑えた出店が可能になります。

3.シンプルオペレーション
焼き鳥などの串業態は、売上があがればあがるほど、 串打ち作業に時間がかかり、人件費が下がらないのが弱み。
また、串打ち3年と言われるように技術も必要。
その点、串カツは揚げるため、技術の取得が容易、かつ時間もかからない。
月商700万円の店でも、営業中に串打ち出来るので、仕込み時間が短く、人件費がかかりません。フランチャイズ展開にはぴったりの業態です。

 

大阪伝統の味『串カツ田中』 フランチャイズについて

  • フランチャイズ加盟条件 (税抜き)
募集属性 法人 

フランチャイズ加盟金

300万円

加盟保証金

100万円

研修費

 40万円(社員2名、1か月)

開業支援費

 28万円(12日間)
ロイヤルティ 月間売上の5%
契約期間 5年
必要開業資金(30坪:概算) 2,000万円(物件取得費を除く)

  • フランチャイズ収支モデル 【路面店立地 22坪】 (税抜き)
売上

650万円

 原価 189万円
 人件費 139万円
 その他費用 96万円
営業利益 226万円

※フランチャイズ収支モデル・開業必要資金等はあくまでモデルケースであり、様々な不確定要素や立地条件により、実際とは異なる場合があります。

  • フランチャイズ開業までの流れ

※事業説明会の日程はこちらをご確認ください。

まずは、資料で詳細を見てみたいという方はこちら↓

Copyright 2015 PowefulBrains Co.,Ltd.